あやめ雪かぶ



なんて綺麗な色の蕪

「あやめ雪かぶ」といいます。
・・こういうのに私、弱いのです〜

しかし・・

皮を剥いちゃうと中は普通の蕪と一緒でした。
なので、無理やり綺麗な色の皮は残して・・
薄くスライスして甘酢漬けにしてみました☆


あやめ雪かぶ 4こ
蕪の葉    少し
切り昆布   少し
塩      少々 
甘酢     ひたるくらい

とくに難しいことは何もなく
娘が酢漬けが好きなのでいつもこれ
赤い皮を残したから色のバランスがよかったです。

洋風にしたいときは・・
昆布のかわりにローリエ&黒胡椒粒を
そして、塩もハーブソルトに替えます。

漬け物にすると、野菜がしんなりして
たくさん食べられるので、いいですよね^^*


ハヤトウリのそぼろ餡

例のハヤトウリのレシピ書いてみました
今回は緑色種です。

<材料>

ハヤトウリ    3こ
豚ひき肉     200g
おろし生姜    2分の1片
だし醤油     大さじ2
醤油       大さじ1
胡麻油      大さじ1
塩胡椒      少々
片栗粉      大さじ1

①ピューラーで皮をしゅるしゅる剥きます。
 このとき剥いたところから酵素が出ます。
 ぬめっとして手の皮がポロポロむけてしまうので
 ビニール手袋をすることをおすすめします。
②半分に切って真ん中の部分を切り落とします。

③一口大に切りそろえます。
④フライパンに胡麻油と生姜を入れ火をつけます。
 豚ひき肉を入れ塩胡椒しぱらぱらっと炒めます。

⑤③のウリを入れ全体をコーティングするように
 木べらなどで大まかに炒めます。
⑥だし醤油と醤油を回し入れさらに炒めます。

⑦鍋に移し替えてひたひたになるくらい水を入れ
 蓋をして15〜20分くらいコトコト煮ます。
 最初一瞬強火にしてあく取りをした後
 落とし蓋(アルミホイル)をして弱火です。
 このとき味をみて調整します。
⑧最後に水溶き片栗粉を回し入れ一瞬強火にして
 菜箸などでぐるぐるかき混ぜ火を止めます。

コツは強火でぐつぐつさせないこと☆かな。
汁が濁ってしまうしウリも崩れてしまいます。

たっぷりできたので、翌日の娘のお弁当にも
THERMOSの保温容器に入れて、おにぎり2こ。
寒い冬にぴったりです


ハヤトウリ(隼人瓜)



最近はまっているもの。

ハヤトウリという中南米原産のウリ科の植物です。
日本でも九州など暖かい地域で栽培されているそう。
白色種と緑色種があって、写真は白色種の方です。

これが思いのほか美味しくて

11月下旬までが旬なので、見つけると即買ってきて
細切りにしてきんぴらや、冬瓜のようにそぼろ餡かけにしたり・・
2個で120円というお値段の割にボリュームがあるので
たくさん作って娘のお弁当のおかずにもちゃっかり入れています☆

お野菜は大好きで
見たことのないものや、めずらしいものは
とにかく気になって仕方ないので買っていろいろ試してみます。

ハヤトウリも初めて見るお野菜でしたが
九州出身の友人に見せたところ、「わぁ懐かしい〜」との声。
「子どもの頃ばあちゃんがよくお漬け物にしてた〜」そうです。
なんと畑で栽培もしていたそうですよ。なんて羨ましい〜^^

南国で栽培されているハヤトウリ(隼人瓜)。
もしかしたらこの隼人は薩摩隼人の隼人なのかな。

次回はレシピを紹介できたらと思います



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

最新記事

カテゴリ

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM