猫的感覚-CAT SENSE-


            2014年 早川書房

イギリスの動物学者ジョン・ブラッドショーの
イエネコに関する著書です。

「ニューヨークタイムズ」ベストセラーにもなり
NPR ブック・オブ・ザ・イヤーを受賞していて
猫ちゃん好きには有名な本かと思いますが・・

図書館に予約していたのがようやく届きまして
・・読み始めて、今4分の3くらい読んだかな。

とても面白いです〜

特にイエネコについて書かれてあるのですが
猫の祖先プセルダエルルスから始まる
壮大な猫の歴史から、現在のイエネコの生態
さらには未来のイエネコの姿まで・・

時代が時代ならランは黒猫として迫害され
飼い主の私は魔女ってことになるのかな
(あ、これは1233年から約300年間ですが)
魔女裁判など有名ですよね。

この本によると・・

ランのようなイエネコたちは私たち飼い主を
大きな猫(同種)としか思っていないらしく
飼い主であるいう認識はないようです。
これは犬とは大きく違う部分らしいです。

ちょっと衝撃ではありましたが
私はランの母ネコになろうと
ずっと今までランと接してきたので

・・正直うれしかったなぁ^^*

母ネコだと思ってくれているのかな、という
たまに不安に思っていた部分が
この本のおかげで少し自信につながりました

赤ちゃんの頃、畑の中で一人ぼっちでいるところを
獣医さんに保護されて里親募集になっていたのを
我が家へ迎え入れたランちゃんの・・

どうしても母ネコになりたかったのです





calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

最新記事

カテゴリ

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM